FC2ブログ
世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
ツクダ1/350ソフビキット サブマリン707Ⅱ世を作るとあの頃にもどれる・・・のか?


・・もどれるわけはないが気は心

12/31日 大晦日であります。




一通り♨湯がいて歪みを取ったところで不用な処をカットして行きます
SS (13)
SS (17)

亀の甲より年の功(模型に関してだけです  )
少しは知恵のついたところを・・・
SS (22)
ライナーのハッチを開けます。

内部の隔壁
SS (21)
真ん中に逆V字型に切れ目を入れて
こんな風に入れます。
SS (23)
SS (24)
SS (27)

そうするとフレキシブルに 中にフィット
SS (25)
当たるとこは切り取ります
SS (29)
前後左右は塞ぎます。
SS (31)
SS (32)
中のパーツの溝(フレームのつもりらしい)に合わせて1.0厚のプラ材で
SS (33)
SS (34)
隙間は海水が入るんだからあって不思議はない・・・と 理屈を捏ねておこう。
これを切り揃えたら ハッチ(蓋)を
SS (37)
SS (39)
SS (41)
エッジを落として微調整
SS (44)

SS (42)
SS (43)
閉じる予定ではないのこのへんで

後部パーツを点けます。
SS (19)
SS (16)
この段差 ドライヤーで暖めるとなくなります。
SS (18)

接着後 サフェを蒔いて凸凹修正
SS (45)
SS (46)
SS (47)
SS (48)
サンダーロックのハッチを彫り直します。
SS (49)
「謎のムー潜団」38回までの考証になっているので以降の設定に直します。

Pカッターは押すように 切る感じで
SS (50)
SS (51)
SS (52)
以降は四角いハッチに変わっています。
0.17ミリのプラペーパーを貼っておく
SS (53)
SS (54)

と ここまでやって 暮れの買い出しに行ったのですよ。
ふと目にした アオシマ1/72五式戦
椎茸と一緒のカゴに入れてご帰宅(あはは 買ちゃいました)
otu_box.jpg
ko_box.jpg
一瞬昔のキットが入ってるのかと。。。。入ってません(笑)
 
気になるので中身を
甲型のデカール
甲decal

乙型のデカール
乙decal

甲型の胴体
ko (3)
ko (4)
背中の角張ってるの判ります。なだらかでなきゃ

乙型の胴体
otu (6)
otu (4)
角張った後部胴体が気にならない?

甲型の風防
ko (1)
ko (2)

乙型の風防
otu (1)
otu (3)
航法灯も入ってます(1ミリ以下で測る気もしない)
Ⅴ (10)
上面に顔を出す機銃口が入る切り欠き
 
ファインモールドもRSモデルもあろうっていうのに買ってしまった。
RSモデルの乙型はそこの棚に見えるので並べてみたくならない? なるよねぇ 

話は横道
一昨日、「ろうがんず」の納会へお呼ばれしました。
手ぶらでは失礼とばかり
テンペストを持って、畏まって参加させていただきました。
かの 世話人さんとは学生時代からの顔見知りでありますのでお言葉に甘えました。


御大は豪州とかでご不在でしたが
模型倶楽部というのは誰かしら知り合いが居られるもので
やあやあ、どうも、ど~もと相成ります。
面識はない方もそこはそれ、同好のよしみであれやこれやの大盛り上がり。
     
楽しいひとときに飲めない酒もノドを素どおり。気持ち良う過ごさせていただきました。

普段は自宅で家事手伝いですので
なにかと人恋しい身にはありがたいひとときでした。

最後にお恵みいただいたのがこれ 
IMG_0146.jpg

IMG_0151.jpg

IMG_0153.jpg
これはコレクションアイテムだろう!?
排気タービン付の二型だよッ 
なんとのう その場のやりとりから
「筆塗りで完成させよ」とのプレッシャーを感じるのでありますが・・・気のせい?

IMG_0142-2.jpg ※クリックすると大きく見られます

IMG_0150.jpg
IMG_0148.jpg

大らかな取説
IMG_0141.jpg

何とかと模型は新しい方が良いって言うじゃない?・・・言うってば!
流れは・・・五式戦 ですな




8月から始まって早四ヶ月 大勢のかたに見に来ていただき感謝しております。
来年もウダウダとやって行きたいと思いますのでお付き合いのほどよしなにお願いします。

皆様におかれましては来る年の幸多からんことを御記念いたします。

良いお年を・・・

これから大掃除!
3日は新春ツーリング お~ さぶそう

FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2013/12/31 22:14】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
   『ツクダ1/350ソフビキット サブマリン707Ⅱ世を作るとあの頃にもどれる・・・のか?
SS-box (2)

こんなのもやるんですよ・・・
これは707Fが夕刊フジに連載記念された時の再販版です。

元々のサブマリン707の連載は昭和37年12月発売の昭和38年2号の少年サンデーから始まりました。
小生が手にしたのは親の実家に冬休みの帰省の帰りに大宮駅で買ったもの。
ありありと覚えているくらいなのでインパクトはあったのでしょうか。
よく覚えているのは「707ガイド」・・・潜水艦のあれこれを教わったコラム(?)でした。

昭和38年正月はアニメの鉄腕アトムの初回を親の実家のテレビで見た記憶もあります。
サンパチ豪雪なんていう大雪の年で2月に通学途中遭難しそうになったのもこの年です。
ちなみに小生小学5年生。翌年が東京オリンピックであります。

707サルベージが成って完全復刻版が発売されたのが1993年(平成5年4月)
10月に6巻目が出てめでたく復活。
707Fの合本は1991年(平成3年6月)から発売され、全6巻別巻2冊で構成されてます。

誰もが知る707Ⅱ世は翌年(39年)夏頃から始まった『謎のムー潜団』からでしょう。
ジュニアと相まって毎週近くの床屋で読むのが楽しみだった。(小遣い50円の時代。買えるわけない)
今井のプラモデルは昭和40年夏に発売
 A級¥50 全長15センチゴム動力
 B級¥100 全長25センチ ゴム動力
一番欲しかった
 C級 全長33センチモーター附き自動浮沈装置附き

夏休みに婆ちゃんからせしめた小遣いでゲットし、従兄弟6人で文房具屋の在庫を
買い占めたことを二階屋(屋号)という文房具やのおばさんに さきおととしまで言われてました。
ジュニアも同様にA、B、C級があってC級が¥450ライトが光ってモーター附きでしたか・・・
4,5年は店先にあったり田舎の雑貨屋にあったりで気がつくと買ってましたね。
もちろん壊れるか飽きるまで遊び倒してましたが・・・
いい青年が風呂場で遊ぶ図(気持ち悪いと今では思います)

海自のPV-2ベンチュラなんかもよろしかろうと・・・
 
いやいや、話が尽きないのでこのへんで本題


まさか六十過ぎて作ろうとは思ってませんでしたが
発売された時にカートンで買っておいたのでまだ「Ⅰ世、改」共々2コ残ってます。
恨みの大人買いってところでしょうか。

モールドは凹のソフビ
SS (9)

艦首のライナー(W~~懐かしのひびき  )本体、ランチャー、スクリュー、レーダー
潜望鏡、シュノーケル、ジュニア2種はホワイトメタル(・・・ふうの半田みたい)
SS (11)
残念ながら初代ジュニアはキット化されてなかった・・・かな?

メタルパーツはあんまり小さいのでたいへんだったのを覚えてますので今回は・・・

取説です
ins (4)

歳を経てくると甲羅にもナンかつくもので ライナーぐらいは開状態でやって見ることに

デカール
decal (2)
707Fまで含めた一枚ものです。つ、使えるのか(?_?)

といったところで
SS (2)
・・・煮詰める(笑)から始めますのサ。

これが年またぎ製作キットになりそうです。
メリークリスマス 




FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2013/12/24 21:37】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
<パシフィックコースト 1/32 ホーカーテンペストMk.Ⅴc - Final -]

穴があったら入りたいトホホの情景
IZU-brg (18)

GSで給油中の出来事・・・スタンドが完全に出てなかったための事故  
もう 寒くって 着ぶくれててこれから帰ろうって時に
立ちゴケ  なさけなや  
伊豆半島周遊ツアーの一コマ

朝も早よから寒いのに 135号線を下田を経て東から136号を西伊豆
 夕日ヶ丘のカレー屋さんまで
IZU-brg (42)
IZU-brg (22)
IZU-brg (17)
さっぱりしていて美味しゅうござんした。
食い終わってひとまず北上 
日本人なら 富士山みにゃ ね。
IZU-brg (50)
IZU-brg (51)
あまりの強風に閉口して松崎町(ここのスタンドで転けた)から県道15号を河津へ折れ、
下田街道を北上
IZU-brg (29)
かのループ橋をぐるっと一回りして→ 修善寺→函南→熱海峠→熱海→135号→と辿ってまいりました。
さみ~時にクラッチレバーが欠けた状態の400㎞はハードでした。
右の二の腕がぱんぱん。後半は走りに精彩がないっていわれたけど
そりゃ~ きつぅございますよ。ほんとに・・・

で、テンペストはどうしたか というと

へへへ・・・

で け た 
F_Tempest (60b)

と その前に 訂正
tem (109)
この航法灯のパーツは無いと書きましたが
すいません ありました 
 (3)
これです・・・メーカーさんの名誉のために訂正\(__ )
でも取説には記載はありましぇん 

補足
 (1)
敢えてつけてませんが燃タンのパイロン 実機もクリアーなアクリルの様です・

パイロンのデカール
 (2)
根気がなくなった(笑)




完成前のもう一手間 
主脚のロック金具(・・・らしいもの)を追加tem (184)
プラ棒 プラ片  目が。。。
tem (181)
tem (182)
tem (185)

脚柱 つづき
カバーと主脚は強引に芋点け
tem (190)
tem (191)
ブレーキラインを追加します。
F_Tempest (43)
F_Tempest (44)
胴体側のカバーにアクチュエーターを追加
tem (179)


tem (193)
tem (195)
なにかというと
tem (194)
なんかのでっぱり(笑)

機銃口 タダの穴ぼこじゃ笑われるから
tem (176)
tem (177)

スピンナーは回したかったので
tem (205)
パイプを埋め込んだ。
心出し
tem (203)
tem (200)
金尺は底の部分が直角なので六カ所ほどあててずれてるところを
軸の回りをクイっとしていくとセンターが出ます。
このときパイプと機体は流し込み接着剤で乾かないうちに(なかなか乾くもんじゃ無いので)

下面のアンテナ
CAP-14.jpg

ピトー管も
CAP-13.jpg

照準器はレジン製。レンズはポンチで打ち抜いたプラ板
tem (174)
これであらかた・・・

では        ****************** 『お披露目ぇ~』 *****************

F_Tempest (1)

F (6)

F_Tempest (10)

F_Tempest (2)

F_Tempest (32)

F (20)
F (22)
J と M はエナメルブラックでトリミングした。

F_Tempest (12)
F_Tempest (12b)
F_Tempest (12c)

F_Tempest (3)

F_Tempest (39)

F_Tempest (38)

F_Tempest (33)

F_Tempest (5)
F_Tempest (16)

F_Tempest (17)

F_Tempest (19)

カラーは クレオスCS638「WWⅡイギリス空軍機中・後期標準塗装セット」
グラデはそれぞれのカラーにホワイトを20%足したものを薄くかけてます。
スピンナーと後部胴体の帯のスカイはクレオスNo128「灰緑色」で。
F_Tempest (60b)

洗浄用のシンナーつかうこと 使うこと。不経済で財布が痛いで~す。


おまけのアカデミー1/72 テンペスト
そもそもデカールがバキバキでフィニッシュ一歩手前でお蔵入りになっていたもの。
AC_Tempest (15)

AC_Tempest (16)
AC_Tempest (17)
AC_Tempest (18)

AC_Tempest (9)
AC_Tempest (10)
AC_Tempest (11)
AC_Tempest (13)
AC_Tempest (14)
AC_Tempest (4)
AC_Tempest (5)
AC_Tempest (6)
AC_Tempest (7)
AC_Tempest (8)
AC_Tempest (2)
AC_Tempest (3)

脚は長いし キャノピーは短いので なんだかなぁーって感じです。

パシフィックコーストのはいかに素性の良いキットなのがよ~く判りますね。

次の予定は・・・立ってません 
やるならちっちゃいの・・・早くできるから

大きいのはしばらく いいや


FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2013/12/17 22:46】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
パシフィックコースト 1/32 ホーカーテンペストMk.Ⅴc  
              と
      できちゃった1/72 九試単戦


先週末 中学校のクラス会がありました。
なんやかやと誰かと地元あたりで遭ってはいたのですが
中には二十年ぶりとかの級友もいたりして・・・
楽しい週末でございました・・・バイクと模型作ってるのは
小生だけとは 業界も不振なわけだ。

さて、
小物が一通りできたので下塗り
tem (142)
tem (143)

テンペストはモノが大きいだけに塗料とシンナー使うこと つかうこと 

インベンションストライプから
どこにも 巾も位置の指示もない 
イラスト頼りに割り出す(大笑) 巾は13.5㎜×6本
D (5a)
スカイと白の境界が基準になるモールド

tem (153)
デバイダーで巾13.5㎜にパネルライン上にをマークして 
マスキングテープを回し貼ってゆく
tem (154)

主翼のインベンションストライプ
D (6b)
胴体側に37.0㎜  翼端に向かって30.5㎜

巾は13.5㎜
tem (156)
tem (155)
黒を吹いて迷彩をかけ、デカール貼って、小物つけて という予定になっとります、はい。

面積が大きいだけでやることはさして変わらずの行程ですので・・・
とか云っちゃって 実は・・・飽きてる(笑)

で、

出来ちゃった『1/72三菱ka-14九試単座戦闘機』

なけなしの小遣い叩いて購入したマガジンキットです。
box (1)
ツーリング 1回我慢だなこりゃ 

言い訳じゃないけど 映画見て作りたくなったのではなく
以前から「九六艦戦からもってけそう」と資料を集めにかかっていたのに
ポロリと発売されてウレシイやら悲しいやら・・・もっともあの映画が無ければ
図面もキットも出てないだろうけど。
そうこう言ってるうちには
ヨンパチも同じファインモールドから出るそうで、ならばと云う次第

ご存じのとおり実機写真は数葉しかないため、ある意味想像の産物とも言えますが
作る方はファインモールドさんのご苦労に感謝してありがたく九試にかかります。

コックピット

kyu-si (3)
機内色は「三菱系機内色」が指定されてますが あえて『青竹色』で
kyu-si (6)
計器板はモールドされてるのプレーンの二種類が附いてます。
kyu-si (7)
kyu-si (8)

kyu-si (9)
前後の隔壁部分の両側にある凹み六カ所にサイドにパーツがはまり込む
組み上げると
kyu-si (10)
kyu-si (11)
kyu-si (12)
機銃はこの時点でつけてはいけません。(仮組み)

kyu-si (15)
胴体側のダボと後部隔壁の収まる切り欠きがあるので位置はずれることはない
接着はコックピットを胴体に挟み込んで左右胴体と一緒に
kyu-si (16)
kyu-si (17)
コックピット本体を胴体に組み込んでから
下手につけておくと機銃カバー(A9)は浮いてしまうので・・・

後はスラスラ進みますので省略・・・組むだけだったら4,5時間もあればできるかと。。。

***************************  で完成  ********************************

L kyu-si (1)

各パーツの合いは抜群。ただ、材質が硬いので小物を切り離す際、
ゲートを幾分残してカット、それから仕上げるとおれることはないと思います。
カッターの刃は新品で(笑)

kyu-si (18)
kyu-si (37)
kyu-si (40)
kyu-si (43)
L kyu-si (7)
L kyu-si (8)

塗装は つぎ足し 注ぎ足し のクレオスNo8///ほとんど銀色したネズミいろになってます///
に一昨日買ってきた『新品No8』のグラデーションのグロス仕上げ
赤はフェラーリレッド。スミ入れはライトグレー カウルはセミグロスブラック
ペラ前面はクレオスMS06クロームシルバー
日の丸はデカール 

kyu-si (18)

kyu-si (19)
kyu-si (20)
kyu-si (22)
kyu-si (32)
kyu-si (21)

kyu-si (39)
kyu-si (38)
ヨンパチの九試も同じようなパーツ構成になるのかな??
なら作ろっかな・・・




このまま行けば テンペストは 来週に迷彩が終わって 
デカール貼りにかかってると思います。
いつものルーティンですのでお見せするほどのこともなく・・・
次回はお休みして再来週の17日か18日にはお披露目に持って行きたいと捕らぬタヌキを目論んでおります。

よしなにひとつ

FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2013/12/03 21:40】 | 飛行機モデル製作記事
【タグ】 九試単戦  モデルグラフィック  スケールアビエーション  風立ちぬ  スタジオジブリ  宮崎駿  石坂浩二    
トラックバック(0) |