FC2ブログ
世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
スペシャルホビー1/72イスパノメッサー HA-1112M-1Lムービースター 
空軍大戦略のメッサーだよ
2015/01/13

大晦日に歯ぐきが腫れて元旦に夜間救急に駆け込んだ顛末は前回書いたとおりです。
痛くて眠れない大晦日、TV  はつまんないから 空軍大戦略を見てたら作りたくなったので引っぱり出しました。
Movie (1)
なんなんだろうね「Buchon(ブチョン)」て(?_?) なんでもでかい喉のとらしい。
大口:ビッグマウスのことだと思う。
「空軍大戦略」は昭和44年秋公開の映画で、当時小生は高2であります。夏休み中に「日本海大海戦」なんてみたなー。
三船敏郎が東郷平八郎だったかな?二学期が始まったら「空軍大戦略」の公開でした。当時、模型メーカーや雑誌は五月頃から一大キャンペーンでレベル1/32スピットとかがよく売れていたのを思い出しました。4回は見た。小遣いがなくなって2ヶ月模型が買えなかったんだよね(T^T)
そもそもこのイスパノメッサー何者?かっていうと。見れば解るけどBf109(G-6あたり)に英国製エンジンマーリンをくっつけたもの。スピットMk.Ⅸ系(らしい)のエンジンをデチューン:パワーダウンしたもの。まぁ、模型作るにはザックリこんな感じでよろしかろうと。。。ポリポリ f^_^;
初めて見たのはどこかの名画座で「撃墜王アフリカの星」で初見参。こっちはHA-1112 K. 1. L 。マッキ205みたいに機首下面にサンドフィルターをつけたタイプ。モノクロだったので色調は分かりません。で、「空軍大戦略」ローレンス・オリビエ、クルトユルゲンスも出てたけど、主役は実機。スピット、ハリケーン、メッサー、He111(CASA2111:これも元スペイン空軍)が主役だろうね。山場は大詰め最後の空戦シーンは変な効果音もなくスリリングな音楽のみ。いかった~、何度見てもいいわ。さすがガイ・ハミルトン監督
Movie (2)
最下段のハリケーン迷彩は映画にも出てます。DVD持ってる方探してみてくらはい。良く見てること・・・
まぁ、与太話ですが、スペイン空軍は映画が公開された頃、なぜか近代化を計りF-5Aを20機込み込みで装備したのでありますがHA-1112M-1とCASA2111を売っぱらって購入じゃ?まさに濡れ手で粟(泡とか沫では間違いよん)・・・と、まことしやかに囁かれておりましたとさ。ハリアーだったかも知れないけど「空軍大戦略」の恩恵なのか?

で、パーツ構成
Movie (4)
Movie (14)
内容は、もう一種類発売されているスペイン空軍のパーツに
Movie (10)
モデファイされた翼パーツが追加されている。
Movie (11)
映画版の特徴。胴体機銃を載せたカウル

デカール
Movie (18)

エッチングとキャノピー
Movie (19)

レジンパーツ
Movie (21)

取説
Movie (25)
どういうわけかアート紙にカラー印刷(プリントにあらず)

そんでは製作に入ります。
計器板
Movie (32)
2倍にほどに薄めた塗料を楊枝で落とします。
Movie (33)
筆よりもお利口さんかも

照準器
Movie (38)
0.2㎜厚の塩ビをポンチで抜いてつけます。
Movie (41)
Movie (42)
抜く前にポリマーを塗っておくと瞬間でつけても曇りにくくなります
でも、小さくて脆いので注意してね
Movie (36)

さて、明日(1月14日)からびっちり2週間早起き(5半起き )をしないといけないので今日はこれまで。
なお、新人の宮仕えになってしまったので慣れるまで時間が読めません。製作が滞ると思いますので悪しからず
次回の更新は月末の予定です。

ごきげんよろしう。(^。^)屮

FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2015/01/13 18:52】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック