FC2ブログ
世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
エアフィックス1/72ボールトンポールデファイアントMk.Ⅰ と 
       プラッツ1/72F-15J は ピッカピカの新製品


誰しも新しいモノは気になるもんですが、こと自分の好きな物はなおさらであります。
以前模型業界に関わっていた関係でプラッツの1/72新製品のサンプルの製作依頼を頂きました。
なにしろパンフに箱絵だけじゃ説得力に欠けるものなので・・・
依頼されたサンプルは量産型に近いもので最終チェックを兼ねた物だそうです。
つまり組み立てて不具合を洗い出して且つ、完成品も見本市にも展示することも兼ねるわけです。ある意味責任重大ρ(゜゜) 
で、組み立てて見たところケアレスミスはあるもののスタイル、考証は問題無く
あとは小生の出来如何にかかっているわけです 
そうそう、肝心な新製品が何か、言ってなかった 

プラッツ新製品 1/72F-15J
(戦況2013:ここだけの仮題です。悪しからず  )
F-15boxS.jpg
サンプルの状態で、各部の合わせは先の三菱F-1よりは良くなっています。
サフェ等はいらないし、よりタイトな感じ。各部のコーションマークも附属するはずなので嬉しい悲鳴が聞こえてきそう。
某社1/48で気になった主翼のキャンバーも十分で不足は感じない仕上がり。完成品を見ると解りますが、各パネルラインはきっちりモールドされていますので、暗い色でスミ入れをすると全体が暗くなりすぎるきらいがあります。
好みによりますがこの完成品はもう少し明るくすべきだったと反省しております。時間に追われてたから、雑だし・・・(_ _ )/ハンセイ
重箱の隅はその筋の方々にお任せして自衛隊フリークには1/72F-15では決定版登場といえるプラッツの自信作でしょう。
なお、この完成品のコーションデーターマークはJD-3を、機首の文字と猛々しい狼(?)、機番、丸梅マークは送られてきた自作デカールを貼ってあります。サンプルだからねぇ。発売はきちんとしたデカールが付きます。ご安心を。
上のケアレスミスも改善されて発売されることでありましょう。
では、とくとご覧くださいまし。見本市当日プラッツブースで展示されるそうです。
ac-16_2Ss.jpg

ac-16_3S.jpg

ac-16_4S.jpg

ac-16_5S.jpg

ac-16_6S.jpg

ac-16_8S.jpg

PLZ (27s)

PLZ (30s)

           ac-16_9S.jpg

これで売れなかったら、どうしよう・・・

補足その1:キャノピーのパーティングラインを消す
PLATZ F-15J (40)
Ω型のキャノピーには付いて廻る作業
PLATZ F-15J (41)
今回は高くて幅広の気がしたので#600の耐水ペーパーをザッとかける
PLATZ F-15J (44)
そしたら、写真にある使い古しの耐水ペーパーをたっぷりな水と共に順番に。
PLATZ F-15J (46)
かけ終わったらコンパの荒め → 細目とかけるとフレーム右のようになる:丁寧にやるとね
横着者はコンパを使わない・・・
PLATZ F-15J (48)
濡らした新聞紙で、、、強めに、こする!
すると~
PLATZ F-15J (51)
コンパをかけたような仕上がりになります。この状態で仕上げ目のコンパで磨くとよりキレイになるのです。

補足その2:キャノピー枠のアールの部分のマスクの仕方:知ってら~そんなのというかたは終わりです(笑)
        細切りのテープでも皺になっちゃうくらいのアールは
PLATZ F-15J (55s)
PLATZ F-15J (56s)
大きいテープをカットするとラクチン
PLATZ F-15J (57s)
あとはまっすぐなテープを貼ってお終い。
みなさんやってるよね。老婆心に過ぎましたか・・・?
おこんないでね、お節介なもんで、つい 

お疲れ様  さとみ健一でした -------------------------------------------

おっと、うっかり本題を忘れるところだった・・・
エアフィックス1/72ボールトンポールデファイアントMk.Ⅰ
主翼後縁が厚くて薄くするのには???ってことでした。
 BPD (26)
よく聞く方法としてふたとおりの方法があります。
➀内側を削り込んで行く方法。 ➁下面のみを削る方法 ってところでしょうか?
➀を・・・やってみたことある人は?   私、やりました。 
はっきり言っておいそれと出来る技(わざ)ではありません!理屈は判りますが熟練を要します。
時間もかかるし、大概後縁がヨレヨレになって大方お釈迦になります。よく考えないで➀をやっちゃうと前、ついつい前縁まで削っちゃって翼が薄くなっちゃうし。また、ペーパーをかける角度が問題で、角度が大きいとVに後縁がひらいてしまいますことがあります。脚収納庫なんてモールドされてたら・・・無理だわなってわかると思います。実際やってみて実用的でない(なかには出来る方もいらっしゃるでしょうが・・・)のでお薦めできかねる模型伝説と言ったところでしょう。
いろいろ論(あげつろ)いましたが、一般的ではないので、こんな事言ってるお方には「作ったことねぇな、こいつ」とサラッと躱しましょう(笑)
そんなわけなので 実用的、且つ、気楽な➁の方法で
後縁の接着には瞬間を使います。
BPD (28)
最初に#240の耐水ペーパーで60度くらいに下面を荒削り
上面側を残しつつ下面を前縁に向かって多角的荒削り
BPD (30)
ゆる~い円(アール)に見えるようになったら#320~#1200の板に固定したペーパーで仕上げます。
こういうのでやってます。
ペーパー (1)
ナナニイ、ヨンパチ用です。大きいのも別に作ってありますが、滅多に使わない(笑)
フラップ手前の線でよろしかろうと
BPD (31)


BPD (35)
こんなに薄くなったです。
あとは消えた線を再生すればOKです。うっすらと接着ラインが見えます。
BPD (36)
ここから先はPカッターがあればできるでしょう。凸モールドの時は全部彫り直しますのさ 
繰り返しますが「後縁の接着は瞬着で!」プラ用セメントだと痘痕(あばた)が後から後から・・・(哀)

*************************************************************************************
なにかと忙しなくて失礼しました。
次回からはいつものルーティンになると思います。

おさわがしゅうございました。
ごきげんよう
 

FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2015/04/16 20:15】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック