FC2ブログ
世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。

エアフィックス1/72ボールトンポールデファイアントMk.Ⅰ その3

えー、つづきであります。

昔は資料がないのを言い訳にして下手物扱いの部類に入れていたデファイアントですが、旧作はすっかりお呼びでなくなった感があります。周りでこれを買った年齢層の高いことといったら。ガンプラ世代には振り向きもされない www
資料は今も洋書もあまり見かけないけど、実物が見られる強みなのでしょうかね。昔、ひまじん二号がイギリスで撮ってきたのをおもいだし思い出したので眺めてたら、脚部があったので大きくしてみました。
BPD (72b)
トルクリンク、思ったほど大きくない。気になったのは機体の色。一般にはフラットブラックで済まして知らん顔ですがなんかグレーっぽい・・・脚柱とタイヤの色と比べてみても機体の方は同じ黒でも灰色がかってます。奴の写真の腕はいいので信用できると思いますので塗装の際には気にかけておきませう。アンテナ先端のレッドは?マークです。そんなことがらを踏まえて
BPD (66)
湯流れミスではありません。トルクリンクと泥よけ
こんな感じに組み上がります。
BPD (67)
トルクリンクがな~ ちっちゃ過ぎると思うので
BPD (70)
泥よけだけくっつけてトルクリンクはプラ片で作ってみました。

後部銃座
・・・の前に。銃身の材質がヤワすぎで折れ易うござんす (ーー;)
BPD (42)
唯一可動するパーツなんだけど、砲塔に組み込んで銃身を持って上げ下げするには華奢すぎるから折れたを幸い0.3Φの金属線を四本埋め込みました。
BPD (43)
BPD (44)

組み上げてみると
BPD (49)
BPD (45)
フードをかぶせると きつく なりがちなときは 機銃の外側を削って調整しませう。
ガンナーを乗せると
BPD (50)
BPD (51)

機体の塗装
フラットブラック一色って藝がないと思う今日この頃。
ちょっと小賢しい真似をしてみました。
BPD (58)
デカールを貼って、あとからフラットクリアーをかけるの前提で(デカールも密着し易いし)半ツヤブラックをベース(機首の部分)に吹いて、フィニッシャーズのカーボンブラックマットをマダラに飛行方向に吹いてありますが、両内翼の燃料タンク部分のみ翼端方向に縞状に吹いてあります。その際はパネルラインを塗り残す気持ちで。
カーボンブラックマットじゃなきゃダメってわけでなくクレオスC116ブラックグレーでもイイ線行きます。くれぐれも薄くかけましょう。じゃ、タイヤブラックは というと青みが立ちすぎるので不可です。
BPD (61)

はてさて どのような仕上がりになりますことやら。
次回は大人の事情でちょっと間が開きます。
G.W 明けかな?・・・仕事だってば!本業、本業。

ではごきげんよう

FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2015/04/22 19:16】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック