FC2ブログ
世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
エアーフィックス1/72九七艦上攻撃機 - その弐
松は取れちゃいましたが あけおめ ○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○ です。
                                                 2016.01.11
今年は元旦からバイトを入れられるということになり、ビルの屋上から初日の出を拝みました。
で、そのとき浮かんだ一句・・・
  人生の 四分の一は さがしもの ・・・ パーツをね www(ノ∇≦*)

すいません。前回載せ忘れてた作業です
KATE(30).jpg
隔壁から前のパーツは上部に0.5ミリほど隙間をあけて接着すると
両側面のラインがスムースにつながります。やらないと段差が出ます。

年明け最初の作業はフィレットをシャープにします。
KATE (15)
最初の#240のペーパーをざっくりかけてだんだんと目を細かくしていき仕上げます。
ん?この凹みは???Σ(ω |||)
KATE (14b)
調べたところ魚雷の安定フィンが収まるところ(らしい)。
資料を見るとフレーム一つ分くらいだし こんなには太くはない。
だから埋めちゃう
KATE (14c)

尾翼
簪(差し込むベロのこと)が薄くてカタカタ。これじゃ意味がないから
KATE(27).jpg
0.5ミリのプラ片で厚さを調整
KATE(28).jpg
やや厚いのでペーパーで調整してあります。
別に芋付けでもいいんだろうけど押さえているのが面倒だし強度アップ。
で、胴体と尾翼の横着な取り付け方。
KATE(31).jpg
カッティングマットの目盛でほぼ直角が出ます。
小生の場合普通のセメントで仮止めしてから(微調整して)瞬間止めです。
マットが大きければ1/32あたりまでO.K。

さっきまでやってた作業
魚雷作ってました。
KATE(37).jpg
忘れられてる安定板を作ってた・・・
KATE(32).
前の方にある小片は九一式改二型の特徴回転防止フィン
スクリューを囲む板は木製なんだけど・・・これじゃ四式安定板じゃん (。´・(ェ)・)
・・・さて困った  取説間違ってねぇか?
まぁ、塗装例Ⓑ 553航空隊にする人は参考にしてくださいまし。

資料をひっかきまわしてやっと見つけたハワイ フォードアイランドの太平洋航空博物館所蔵品の写真
眺めながら何気にキットのランナー見たら
KATE(37b).jpg
ある!あるじゃ~ん!!(((o(*゚▽゚*)o)))
いくらデカール入れてないからって取説に書いとけよ~~
別売デカールは買うにしたって塗料入りの何とかシリーズは買わないよん。
買う人は出た時に2個くらいは買っちゃってるってば!
で、こうなります
KATE(47b).jpg
KATE(48).jpg
真珠湾攻撃で魚雷を積む人はこちらのパーツをお使いください。

やっぱり探し物から始まって半日無駄にした 
なんで魚雷作ってるんだよ~って・・・ねぇ。悪い虫が・・・( ´艸`)

フタフタマルゴ 

FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2016/01/11 22:08】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック