FC2ブログ
世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
エアーフィックス1/72九七艦攻 できました~!

∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…
九七 (73)
やっと落ち着きました。肉親の不幸があって、も~バッタバタでした 
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
どうやらそれもひと段落。
それでも前と同じとはいきません。ある意味生活パターンが変わったんだよね。
長男はつらいわ (^-^;

見本市が近いからいろいろ頼まれたし、まだ来るしで・・・
親不孝のそしりは覚悟のうえで ( ´∀` ) 
それでも止めない模型作り (^ω^ ≡ ^ω^) 

と…お披露目の前に
主翼後縁がメチャンコ厚いことはすでに云いましたが、もう一つ
九七 (69)
見ての通りプロペラ、細いんだよね (´;ω;`)
右はハセガワのもの、エアーフィックスの方は幅が不足で先細。
修正は不可能なのでね…わざわざハセガワから持ってくることもないか。
プロペラ軸を受けるエンジン側の寸法が小さくてガッタガタ。だから固定。
また、真珠湾から珊瑚海あたりまではスピンナーが付かないから目立つガバナーを作って延長
九七 (70)
2.0Φのプラ棒で1.5ミリ延長しました。先端のポッチはトロトロ瞬間を落としておきました。
メチャンコ厚かった翼の後縁はシャープに削り込んだ。ほかのことはともかくこれをしないと様にならない ٩( ''ω'' )و
九七 (100)


で完成!!!! ************************************************************
九七 (71)
九七 (75)
九七 (79)
九七 (80)
九七 (81)
九七 (83)
九七 (84)
キャノピーの合いは良好でフルオープンは昔から憧れだったからやらせてもらいました。
せっかく浅海魚雷がついてるのにやらない手はないので・・・作ってみました。
KATE(47b).jpg
接合部の手前のプラ片は回転防止板。これで海中の直進安定するらしい。
魚雷はワイヤーを回して感じを出してみました。
九七 (99)

九七 (88)
九七 (90)
九七 (89)
九七 (95)
デカールはハセガワのものです。イメージと違った (´・_・`)・・・それにしても泥臭いねぇ~~。

というわけでめでたく完成しました。

冒頭に言いましたが、今までと同じいうわけにはいかないので更新は不定期になります。
そうは言っても航空情報の 「さとみ健一のヒコーキ模型つくってます」 はそうもいかないので昨日記事を送りました。
何をやったかは本が出てから…プロペラ機です。これも同時進行だったのですよ (´;ω;`)ウゥゥ
当然補足記事は月末です。

ヒトキュウフタハチ 

FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2016/04/03 19:29】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック