FC2ブログ
世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
追記です。07/19 8:30
DH88 (1)

機体解説は三機しか作られなかった事しか判らねーじゃねーか(♯`∧´) 何のための補足であるか!コラッ(`・o・´)۶ ☆
スペックくらい書けよ。イマイチ説明がなっとらん!不十分だと長老から突っ込まれました。
ごもっともでした。 (`・ω・´)ゞ 

そういうわけで以下に記します。
全長:8.84 m
全幅:13.41 m
全高:3.05 m
レースのための機体なのでスピードと距離が要求されますな。
だもんで操縦席から前と後ろに燃料タンクを積んでいます。
総容量1,270ℓ 航続距離4,700㎞
空力特性上げるために主翼を薄くしたので燃料は積めません。
前は・・・見えないよね。
エンジンは縦型空冷6気筒ジプシーシックス230馬力(たぶんN型) 2基をナセルに装備して正面面積を極力小さくして抵抗を軽減しているのであります。最大速度:381 km/h

固定ピッチのペラでは総重量2.4トンの機体は浮かばないかも知らんから(フラップは付いてるよ)、ラチエ式プロペラハブ円板作動二段可変ピッチ(長い!)の低ピッチを利用するのでありました。スピンナーのギザギザのところです。
一回上がっちまえばこっちのもの(誰のこと?)ってことだよね((笑))

機体構造は木製セミモノコック。
どんなものかというと・・・
桁と縦通材に隔壁を嵌め斜め45度に短冊状合板(ベニヤ風の)を張って、さらに反対に同じことを繰り返し、そんでもう一回繰り返します。めちゃんこ強くなるらしい。これがのちのモスキートに繋がるわけですね。
因みに赤いコメットは18,186㎞を70時間59分、三日のうちにメルボルン、フレミントン競馬場に到着。賞金1万ポンドを手中にしたのでありました。

出し惜しみしてたわけじゃないんだけどね・・・ (;'∀') 
及第点もらえますか??長老?
ではまた・・・バイナラ ヽ(´∀`)ノノ

FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2016/07/19 10:26】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック