世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
空情報掲載 「さとみ健一のヒコーキ模型つくってます」第8回 
             スペシャルホビー1/32ホーカーテンペスト 補足
YAMAto (1)
今月 ウチに来た野良のヤマトくんです。 そう、黒猫だからヤマトくん。安易です。
保護猫ですが山で生きていたようで1歳にはなっていないようですが威嚇はするは、人を近づけないはでほとんど野生です。身のこなしが鋭いこと!それでいて餌はしっかり召上ります(笑)。ビビッているものの結構頑固者で学生服の似合いそうなリアル「なめ猫」ですな ( ^ω^ ) あんまり頑固だったら「一徹」に名前変えちゃおうかな?
こいつには手を焼きそうです。

息子のことは謙遜して「愚息」というのはご存知のことと思います・・・(。´・(ェ)・) が
それは今しがた。
きゃつめ 総火演のTシャツ(背中が74式)着てるじゃない (゚д゚)
で、どうしたんだか問い詰めたところ
「ん~、もらったんだ 。券もらったんだけどさ、寝坊しちゃって行かなかった。ハハハハ」
こ、この不忠もの!!!!!! ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!
こりゃほんとの愚息だわ ┐(´-`)┌

で、補足です。例のごとく写真と青の文が補足です。
**********************************************************************************
ペシャルホビー1/32ホーカーテンペスト
詳しい実機解説は世傑あたりに譲ることにして…平たく言うと タイフーン改です。シドニー・カムの楕円翼が好き!ちなみに70年代後半に「モデルエアープレーンニュース」別冊「the best of WYLAM 」という図面集が出てたのを覚えてます?この1/48の図面を1/32に拡大したところ、外形やモールド、リベットラインが、ま~見事なくらい一致します。どうでもいいことだけど。
ということで

今は昔、1/72以外は1/48amtのとんでもテンペストが発売されていたのみでしたが、1/32は三年前に発売されたパシフィックコーストモデル(以下PCM)に続く1/32キットです。いずれはテンペストⅡが出そうですが初めてのサンニイですね。

今回製作したのはハイテック版ですが構成はPCMよりエッチングパーツ、レジンパーツは少なめでマスキングテンプレートが附く程度で拍子抜け・・・
TEM-P (9)
tem-p (22)
PCMでほぼ自作を強いられた特徴的な足回りも要領よく纏められていてキャノピーも可動にできます。
PCMの製作はこのブログで13年10月にやっているので時間のある方は 見てください。もっとも最近見かけないから、打ち止めかな?
本キットは詳細なリベッティングが施され各パーツもPCMキットより精密感は格段に優れています。
tem-p (12)
tem-p (14)
このモールドされたリベットをいかに活かすか作り手の力量が試されるキットでもあります。パーツの合いも思うほ思いのほか悪くはなく、一部小物部品に摺合わせが必要な程度で肩透かしをくっちゃった。


製作
コックピットの計器盤はプラパーツでエッチングはありません。
スロットル等一部レジンパーツに置き替えるようありますが出来に甲乙つけがたかったため処理が簡単なプラパーツを使っています。
TEM-P (43)
TEM-P (44)
TEM-P (49)
ホーカー社伝統のコックピットフレーム構造はキッチリ再現されていますが…完成すると見えませんけどね。
TEM-P (73)
今回の「ずっこ」はシートベルト。実機同様の取り回しを取説は指示してますがご覧のようにシートの裏側は見えましぇん…ので後ろは省略。
TEM-P (78)
TEM-P (48)
左側壁には珍しい信号弾ホルダーがエッチングで用意されています。嬉しくないけど (-∀-)
ベルトは布製で金具のみエッチングを使います。

TEM-P (71)
TEM-P (85)
キャノピーはパーツ化されたレールで簡単に可動に組めるのはうれしい配慮です。
TEM-P (6)
このパーツE14を先に入れて
TEM-P (1)
このレールパーツ I38 を入れた方が位置が決まりやすい気がする。
左の30~34がコックピットパーツ。 レジンパーツよりシャープなのはどういうこと ? 

キャノピーとのマッチングを確認をしたらレールの接着はがっちりしておきましょう。
TENPEST-Ⅴ (27b)
照準器を前部風防につけるようありますが計器盤側に接着した方が安定します。

機首部はラジエーターパーツを組み込みますが軽く擦り合わせる程度で合いますが部品点数がやや多くなるため各部の組み合わせに気を使いました。
TEM-P (88)
TEM-P (89)

胴体につけると頂部に段差が出来るので修正します。
TEM-P (91)
TEM-P (95)

主翼はテンペストⅡと共用のため別パーツの前縁部品を胴体につけてから擦り合わせてつけると組立が楽になります。
主脚の複雑なリンク機構は図をよく見て向きと取付け位置に注意して組んでください。
TEM-P (103)
TEM-P (104)

芋付けの脚柱と脚カバーも金属線を埋め込んで強度を上げてあります。
TEM-P (101)
TEM-P (100)
PCMの脚カバーなんぞはこの2倍以上はあったもんだから自作する羽目になってしまった。
主脚柱はやや開き気味に取り付けますがリンク側をつけるとほぼ位置が決まります。
TENPEST-Ⅴ (10)
TENPEST-Ⅴ (9b)
TENPEST-Ⅴ (43)

塗装

本的なRAF後期カモですのでクレオスのセットで使いました。機体はクロステルマンをチョイスしましたが指定のラウンデルが戦後のもので見た目にしっくりこないので敢えて昔のレベル1/72のイメージで仕上げています。デカールは薄くなじみがいいので細かいリベットモールドにも馴染みます。
パネルラインは例のごとくタミヤのスミ入れ塗料を面相筆改でラインに毛細管現象を利用してスミ入れはもちろんしてありますが、リベットラインはそれをリベット凹部に溜まったとき色がつくくらいにエナメルシンナーで薄めて使っています。たまたま遊びに来てた暇人Bが喜んでたから結構有効な小細工らしい。お試しのほどを…♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪ 
パーツの出来も良く、ありがちな翼後縁の厚さもシャープの範囲内でいい意味で期待を裏切ってくれたベストキットになりました。

***********************************************************

評価(独断による):★5点中
組み易さ:★★★★(思った割に)
値 段 :★★★
プロポーション:★★★★
デカール:★★★
入手しやすさ:★★★(いまのところは)


****************************************************
そんなこんなで…
お披露目~~
TENPEST-Ⅴ (15)
TENPEST-Ⅴ (25)
TENPEST-Ⅴ (55)
TENPEST-Ⅴ (13)
TENPEST-Ⅴ (44)
TENPEST-Ⅴ (16)
TENPEST-Ⅴ (19)
TENPEST-Ⅴ (23)
TENPEST-Ⅴ (52)
TENPEST-Ⅴ (49)


うえのとおり 製作したのはハイテック版だっわけだけど変形タイヤはプラパーツで入ってるけど、タイヤにメーカーロゴが入るくらいでハイテック版買う?
あ.内容ばらしたら営業妨害?(笑)


 ヒトフタゴロク

【2016/09/18 22:47】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック