世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
航空情報連載 『さとみ健一のヒコーキ模型つくってます』 第10回
              プロフィライン1/72 MD520N ノーター 補足


例のごとく青の文が補足と完成写真…誌面はモノクロですから。
プロフィライン1/72 MD520N ノーター 補足 
BOX(3)
ノーテールローターでノーター。安易なネーミングではありますが正式名称らしいです。ざっくり概念ですが名前のとうり回転トルクを打ち消すテールローターの変わりにテールブーム基部のファンにより圧縮空気をテールブーム内に送り込むとブーム右側スリットからテールブームに沿って下方向と後端の噴出口から出る排気の反動で横方向のコントロールするらしい。テールブームの周りに気流の流れを作り(コアンダ効果というらしい。流体力学?)、メインローターから吹き下ろされるテールブーム左右の空気流に速度差が生じ、擬似翼型が作られて空力的揚力(エアロダイナミクスリフト!?なんだそれ(°_°))を発生させ、反トルクを作るんだとか。もうチンプンカンプン。。。悲しくなってきた 。゚(゚´Д`゚)゚。  そのほかにも普通飛行機の機長席は左ですがヘリコの場合右側なのはサイクリックスティック(操縦桿みないなもの。こういうとマニアっぽい)を前後左右に動かして進む方向を決めるのですが手前に引くとバックするわけです。やけに軽いもんだから微妙な操作が必要なため手が離せないから計器盤をいじれないからとか。因みに左の操縦装置は取り外せるものもあるとのこと。
スロットルレバーという独立したレバーは見えなくてエンジン出力は一定とかね。これはコレクティブピッチレバーとかいう車のサイドブレーキみたいな左側のレバーの握り部分がバイクのアクセル風なってるそうな。ノーターとかガゼルなんかは回転数補正機構(エンジンガバナーとかいうらしい)が付いていればある程度までのローターピッチの自動補正ができるらしい・・・。書いててますますわけがわからなくなってきたのでこの辺で止めときます・・・ |д゚) 
(゚д゚) うーむ、知らないことばっかりどころか単細胞の頭には理解のほかでした 


キットは現在世界唯一のノーターキットです。AZモデルのOH-6ベース
B-Parts (2)
下のクリアーのキャビンに専用パーツのランナーが追加されています。

胴体とテールブーム、各ドアは別パーツになっています。マーキングは見慣れない警察、民間機のデカールが入っています。
img412.jpg
C-Decal.jpg
見たことがあるのは濃紺のホノルル警察ぐらいでしたね。

組立
各パーツは摺合せ仮組を入念にしてキャビン組込みます。このような作業は想定済みなのでなんてことありません。慣れちゃったみたいです(笑)。 実は嘗めてかかって慌てましたがフンドシを締め直していつものモード・・・。パーツがスコンと入ると快感そのもの。 こういうキットはあまり考えないように作ってますからシートベルトをテープで追加したのみです。
C- (4)
C- (6)
後部ドアから左にかけてクラックが入ってしまった。 段差もなかったから下手にいじると事態をこじらせそうな気がしたので敢えて何もしていません。こういう割れ方ばかりじゃないんだけど…ラッキー! (」*´∇`)」
C- (7)

錘を入れるスペースはコックピットの下のみで板錘を仕込むも足りそうもないのは一目瞭然  (◎_◎;) 
キャビンパーツは4か所のドアが別パーツになっているため左右を合せる際力をかけすぎるとクラックが入るので注意が必要です(実際入った)。また、ブーム後端に付ける水平安定板風のパーツと下面のスキッドも取付け位置はもちろん何の印もないので位置決めに苦労します。
C- (14)
じゃ、どうやって決めたのよ!・・・だよねー。
こういうのは根気がすべて。なにしろモケイ作るのって究極のアナログ作業だから寸法計ってセンターだしてってやったわけです。デバイダーっていう両方針状になっている製図器具があると重宝します。
Debye.jpg

メインローターは接着面の強度が不足するので金属線を入れて補強しました。その際パーツが割れてしまい、その上シャフトをなくしてしまった(泣 (´;ω;`)ウッ…)もんで作ってます (m´・ω・`)m ゴメン…
C- (12)

 なお、ローターブレードは軽く垂れ下がるようにしごいておきます。
追加工作として機首上下にザクのアンテナ風のワイヤーカッターとキャビン左右にステップ、スキッドにバックミラーをプラ片と伸ばしランナーで追加しました

C- (19)
C- (17)
D-MD 520N (17)

塗装はメタリックレッドで何のひねりもありません。吹いたら何となく半艶になったので良しとしました。
錘は床下に入れてはいますがスペースが無く案の定尻餅をつく仕儀と相成り、急遽スチロール板のベースに固定しました。

と、いうわけでお披露目~~~
D-MD 520N (2)
D-MD 520N (3)
D-MD 520N (4)
D-MD 520N (5)
D-MD 520N (6)
D-MD 520N (20)
D-MD 520N (22)
D-MD 520N (27)
D-MD 520N (7)

パーツ数は見た目に多くないからパッパカパーって作れると判断。息抜きに始めたものの、嘗めてかかって‌息抜きどころか思わぬしっぺ返しをくらいました。 見かけで判断しちゃだめだねー。まだまだ修行が足らんな~ (*´~`*) 

出来上がると12センチあまりの手乗りヘリコが苦労を忘れさせてくれます。
人によってはそんな苦労してまでなにが楽しいの?とお思いでしょうが人生の苦労はまっぴらですが趣味の苦労はまた楽し。達成感が快感になってしまって…俺ってドSなのだろうか?
***********************************************************
評価(独断による):★5点中
組み易さ:★
値 段 :★★★
プロポーション:★★★
デカール:★★★
入手しやすさ:★
***********************************************************
2016/11/19 フタヒトマルマル 


FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2016/11/19 21:00】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |

このキットについて
RB-36H
プロフィラインのキットはAZモデルのOH-6系とは全く別のキットで両者の間に関係は全く有りません。
両方のキットを所有しており、確認済みです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
このキットについて
プロフィラインのキットはAZモデルのOH-6系とは全く別のキットで両者の間に関係は全く有りません。
両方のキットを所有しており、確認済みです。
2017/02/02(Thu) 15:06 | URL  | RB-36H #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック