FC2ブログ
世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
遅まきながら あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

うちの三匹はのうのうと元気にしてます。
Yamato.jpg   IMG_1044.jpg
やまとくんはくにちゃんのお供えを狙っているので油断ができません。
ゆきちゃんはゴン助の姉さん女房。ゴン助の迷惑そうな顔が笑えます。

 年取ってくると一日、一年が短いとは常々言われるけど
先日テレビ聴いてたら(見てると手が進まないからね( ´∀` ) チラッとはみるよ)
年取って時間が短く感じるのは「トキメキ」が無いからだとか。
そーかぁ?? 逆だとおもうけどなー。
可愛い女の子と一緒だったり、夏休みなんかは あっという間に時間が過ぎるんだけど?
若い頃はボーっと生きてたから一日が長かったこと。短くはなかったよ。

とか ブチブチ いいながらヒコーキ模型作ってます  

以下、例のごとく黒字が航情の原稿で補足が写真と青字です。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

#35 エアフィックス 1/72 カナディア セーバー F.4
Box (2)

ハチロクと言えば空自。実は銀塗装に飽きが来ちゃってたまにはワールドワイドのセイバーに目を向けてもいいんじゃないかと。
 正式にはカナディアCL-13セイバーMk.4というらしい。
 E型はA型にオールフライングテールを装備したことが知られてますが、水平尾翼には動翼が残されていてその作動範囲を補うように尾翼前部が動くのでいわゆる全遊動式ではありません。
アブロカナダ社でライセンス生産されたE型仕様のCL-13Mk-2をF-86E6-CANとして折から朝鮮戦争で不足していた米空軍に逆輸出されました。
F.4は英空軍向けに生産された機体でしたが前後してホーカーハンターが戦力化されたので、余った機体はF-86E(M)としてギリシャ、イタリア、ユーゴスラビアに再供与されたようです。デカールにユーゴスラビア機はこの機体。チョイスがしぶいこと。なんでもユーゴはスターリンに盾突いたとかで一時的に西側と仲良くやってた頃に援助された機体でしょう。
ちなみにユーゴはチトー亡き後解体されました。後にコソボ紛争があったあたりで昔からヨーロッパの火薬庫なんて言われましたね。閑話休題(それはさておき)

 キットは60余りのパーツがエアフィックススタンダードの明るいブルーグレーで筋彫りが強めの凹モールド。自重変形タイヤが入っていてキャノピーがスライドします。

作ってみると
操縦席は至ってシンプル。作り込む根気もないのでパイロットを乗せました。
CAP- (1)
Cockpitk (1)
エアインテークが深めに塩梅され横に二分割。
上のパーツはオモリを兼ねるようですが、心配だから油粘土を詰めておきました。

Cockpitk (2)

風防内のラヂオアンテナセンスはいささか小さいので変えてみました。

迫力に欠ける機銃口は針やすりで大きくし
CAP- (3)

忘れられている下面のランディングライトを2.0Φの二つ穴を明け透明プラ棒で自作。
CAP- (4)
また、ドーサルフィン前方にあるエンジン上部冷却口を彫刻刀で彫りこみフィンにかかるカバーを追加しました
CAP- (5)
(カナディア製の機体にあるか未確認ですが)。

主翼の動翼が「ほぼホボ」1/48なので図面を参考に彫り直し
Wing (2)
黒いところが埋めた元のモールド
その他キャノピー後部の航法灯や周辺の小穴も開けました。最後に主翼と尾部の航法灯を瞬間接着剤を盛りつけました。


塗ってみたら
 上面クレオス C330ダークグリーン/C-331ダークシーグレー+C1白10%。ウィンドスクリーンから機種にかけては半ツヤブラック。問題は下面のPRUブルーで過去に自作したカラーを使いましたが色調がほぼC72インターメディエイトブルーに近く、やや赤味が入っている感じでした。
自作した色は大昔ホビーネットワーク(だったっけな?)エンドウのカラーガイド(ガリ版刷りの…(´∀`σ)σ」なつかしいね~ )を頼りに調色したもので、一体何年たってんだ? 匂いが酸っぱかったもの (笑) まぁ、使えるからいいやね。
なお、胴体帯はスカイのはずで指定ではハンブロール71オークとなっていますが、クレオスから最近発売されたC368でいいでしょう。
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
ユーゴというと「ネレトバの戦い」なんて映画、思い出すよね。観たのは高2の暮れだったか。
ユル・ブリンナーとかフランコ・ネロ、クルト・ユルゲンス(みんな懐かしの名優です)がでてました。
たしかアカデミー賞を取ったと思います。
T-34改造のタイガーⅠ見たさに映画館に足を運んだっけな。



********************************************************
評価(独断による):★5点中
組み易さ:★★★
値 段 :★★★
プロポーション:★★★
デカール:★
******************************************************
お披露目~~

CL-13 (1)
CL-13 (3)
CL-13 (5)
CL-13 (11)
CL-13 (21)
CL-13 (26)
CL-13 (28)
CL-13 (29)
CL-13 (32)
CL-13 (33)
CL-13 (35)

作ってみたら なんか新鮮な感じでした。

2019.01.21 ヒトナナヒトゴオ 17:15 

【2019/01/21 17:14】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック