世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
UCCのおまけ九九艦爆「翔鶴搭載機 AI-2-236 」はマニアック!?

家事って休めないんだね。
お母さんありがとう。
けっこう忙しいのは、やってみて初めて判るのでありました。

UCCのおまけ九九艦爆二二型「翔鶴搭載機 AI-2-236 」はマニアック
IMG_0032.jpg
何も「AI-2-236」でなくてもよかろうものなのですが
試してるのか???
本来一航戰に帯は1本であるべきはずだが、2本あります。
IMG_0039.jpg

それはこう云うわけらしい・・・
この機体、昭和17年年10月26日の「南太平洋海戦」で損傷した翔鶴は修理中で
1航戰1番艦は便宜上瑞鶴(本来二番艦)でした。
その後、翔鶴は修理完了後1番艦に復帰したので AI- になっています。
また、後部識別帯が2本になっているのは18年7月のトラック島進出前まで
修理中の翔鶴は2番艦だったためです。
濃緑地に赤の機番を記入した翔鶴搭載機確認出来る唯一の機体で鹿屋で訓練中(翔鶴の修理中)の塗り替え過渡期の機体と言われる機体。
とまぁ、好き者しか判らない蘊蓄が隠れているおまけです。
裏 読み過ぎ なのかな??

世の中には楽しいウワサも流布していて
孫聞きですがこの帯と機番にもの申す方がいたらしい。
なんでも真珠湾の機動部隊の編成表を送って機番と帯が間違ってると知らせてきた人が
一人ではなかったそうです。間違えるか?一一型と二二型・・・

これ良い出来でした。
IMG_0036.jpg
IMG_0035.jpg
IMG_0037.jpg
IMG_0044.jpg
IMG_0047.jpg
スミ入れして アンテナ細くして ピトー管を替えました。

では、また

【2013/10/22 20:54】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック