FC2ブログ
世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
<パシフィックコースト 1/32 ホーカーテンペストMk.Ⅴc

すいません はかどっておりませ~ん 
事情は後ほど。。。

まず、自作の謎のパーツの件 
パーツが見つかったので 遅まきながらの自作の理由
cockpit (5a)   大元はこれ TEM (52)
どう見てもスロットルレバー これは作りたくなるわけで・・・

といったところで
シート
TEM (81)
TEM (82)
何とはなしに剛気な感じ

TEM (76)
仮組み状態で組み込んで固定しようと目論んだものの・・・ 広い 
結局 バラして組み込むことに
TEM (83)
img157a.jpg
当然Z形のパーツは・・・切り詰めるまでもなく省略。見えないモン

フロアーは左右で2.5㎜づつ詰め 強引な仕儀に相成った 
TEM (92a)
TEM.jpg
接着しても手が滑ったら(笑) 元も子もないのでガッチリ止めておきました。

なぜかバルクヘッドB-10はピッタンコ 
TEM (17)
TEM (16)
どうにか組めて投げ出さないで済んだ。
なにとぞ行間に醸される苦労の跡 お察しくださいまし(^^ゞ

ラダーは別パーツなのだが接着面に不安があるので
垂直尾翼にスペーサー(1.2㎜)
tem (115)
ラダー側にプラ板を接着して隙間に差し込んで固める予定。
tem (116)
tem (117)

変形してた脚収納部のレジンパーツ
TEM (18)
この位なら ドライヤーでガーガーあぶって修正できます。

この通り
TEM (19)
TEM (21)

TEM (27)
下翼に組み込みます
TEM (26)

次回は胴体もでけたし 翼を組み込もうと思います。

で、その事情とはというと

小生が暇を囲ってると聞きつけた方からアルバイトを照会していただきました。
N1 (80)
ハセガワ1/32紫電改です。
CAP (3)
CAP (5)
まずズレはないので安心で組めます。
雷電よりもフェイルセーフ(失敗しても安全、間違っても誤らない)は進化しているようです。
N1 (2)
N1 (27)

N1 (15B)
プラグコードを追加すれば十分
pilot (1)

パイロットなんか塗ったのは何十年ぶりだべか?
N1 (36)
シートベルトが無かったのが真相です。でも、イイ感じ
N1 (72)
N1 (50)
とまぁ 頼まれ物です。
ブツは素組(いつもそうだけど)1週間。並行でやってました。
N1 (59)

N1 (45)
日の丸と黄帯は塗装 機番と注意書きはデカールです。
ナナニイ感覚で組めてしまうのには オドロキでした

もはや完成してますのでテンペストも はかが行くと思います。



FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2013/11/12 20:24】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/11/16(Sat) 12:52 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック