FC2ブログ
世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
パシフィックコースト 1/32 ホーカーテンペストMk.Ⅴc  
              と
      できちゃった1/72 九試単戦


先週末 中学校のクラス会がありました。
なんやかやと誰かと地元あたりで遭ってはいたのですが
中には二十年ぶりとかの級友もいたりして・・・
楽しい週末でございました・・・バイクと模型作ってるのは
小生だけとは 業界も不振なわけだ。

さて、
小物が一通りできたので下塗り
tem (142)
tem (143)

テンペストはモノが大きいだけに塗料とシンナー使うこと つかうこと 

インベンションストライプから
どこにも 巾も位置の指示もない 
イラスト頼りに割り出す(大笑) 巾は13.5㎜×6本
D (5a)
スカイと白の境界が基準になるモールド

tem (153)
デバイダーで巾13.5㎜にパネルライン上にをマークして 
マスキングテープを回し貼ってゆく
tem (154)

主翼のインベンションストライプ
D (6b)
胴体側に37.0㎜  翼端に向かって30.5㎜

巾は13.5㎜
tem (156)
tem (155)
黒を吹いて迷彩をかけ、デカール貼って、小物つけて という予定になっとります、はい。

面積が大きいだけでやることはさして変わらずの行程ですので・・・
とか云っちゃって 実は・・・飽きてる(笑)

で、

出来ちゃった『1/72三菱ka-14九試単座戦闘機』

なけなしの小遣い叩いて購入したマガジンキットです。
box (1)
ツーリング 1回我慢だなこりゃ 

言い訳じゃないけど 映画見て作りたくなったのではなく
以前から「九六艦戦からもってけそう」と資料を集めにかかっていたのに
ポロリと発売されてウレシイやら悲しいやら・・・もっともあの映画が無ければ
図面もキットも出てないだろうけど。
そうこう言ってるうちには
ヨンパチも同じファインモールドから出るそうで、ならばと云う次第

ご存じのとおり実機写真は数葉しかないため、ある意味想像の産物とも言えますが
作る方はファインモールドさんのご苦労に感謝してありがたく九試にかかります。

コックピット

kyu-si (3)
機内色は「三菱系機内色」が指定されてますが あえて『青竹色』で
kyu-si (6)
計器板はモールドされてるのプレーンの二種類が附いてます。
kyu-si (7)
kyu-si (8)

kyu-si (9)
前後の隔壁部分の両側にある凹み六カ所にサイドにパーツがはまり込む
組み上げると
kyu-si (10)
kyu-si (11)
kyu-si (12)
機銃はこの時点でつけてはいけません。(仮組み)

kyu-si (15)
胴体側のダボと後部隔壁の収まる切り欠きがあるので位置はずれることはない
接着はコックピットを胴体に挟み込んで左右胴体と一緒に
kyu-si (16)
kyu-si (17)
コックピット本体を胴体に組み込んでから
下手につけておくと機銃カバー(A9)は浮いてしまうので・・・

後はスラスラ進みますので省略・・・組むだけだったら4,5時間もあればできるかと。。。

***************************  で完成  ********************************

L kyu-si (1)

各パーツの合いは抜群。ただ、材質が硬いので小物を切り離す際、
ゲートを幾分残してカット、それから仕上げるとおれることはないと思います。
カッターの刃は新品で(笑)

kyu-si (18)
kyu-si (37)
kyu-si (40)
kyu-si (43)
L kyu-si (7)
L kyu-si (8)

塗装は つぎ足し 注ぎ足し のクレオスNo8///ほとんど銀色したネズミいろになってます///
に一昨日買ってきた『新品No8』のグラデーションのグロス仕上げ
赤はフェラーリレッド。スミ入れはライトグレー カウルはセミグロスブラック
ペラ前面はクレオスMS06クロームシルバー
日の丸はデカール 

kyu-si (18)

kyu-si (19)
kyu-si (20)
kyu-si (22)
kyu-si (32)
kyu-si (21)

kyu-si (39)
kyu-si (38)
ヨンパチの九試も同じようなパーツ構成になるのかな??
なら作ろっかな・・・




このまま行けば テンペストは 来週に迷彩が終わって 
デカール貼りにかかってると思います。
いつものルーティンですのでお見せするほどのこともなく・・・
次回はお休みして再来週の17日か18日にはお披露目に持って行きたいと捕らぬタヌキを目論んでおります。

よしなにひとつ

FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2013/12/03 21:40】 | 飛行機モデル製作記事
【タグ】 九試単戦  モデルグラフィック  スケールアビエーション  風立ちぬ  スタジオジブリ  宮崎駿  石坂浩二    
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック