FC2ブログ
世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
しょせん男は浮気性?『二兎を追う者は一兎をも得ず』なのか!?
ファインモールド1/48九試単戦とICM1/48ヘンシェルHs 126A


職安、じゃなかったハローワーク通いの道すがら、バイクには路面が荒れてて
とても転けたりはしたくない状況。小石のような、砂利のようなのが路肩とか
わだちの凹みに入り込んで止まる時には前が滑り、曲がる時には後ろが滑りで
おとなしく走ってます。大体その小石みたいのがビシバシ飛んでくるので
シールドのキズがひとつまたひとつと増えて居ります。

さて、手間の掛かるICMをうっちゃる訳にもいかず、
ファインのヨンパチ九試単戦に浮気しかけとりますが
欲出して二兎を追いかけまする。


FM1/48九試
組立は至ってスムーズ。甘やかされて育ってしまいそう
九試 (19b)
塗ちゃったので組み立てることに
九試 (21)
九試 (22)
九試 (23)
九試 (25)
内部色は「青竹色」 三菱系内部色はクラシカルな機体には(?_?)なのでシルバーにしようかとも思いましたが・・・

組み込みます
九試 (27)
後ろの2本の酸素瓶は 見えない。。。

左右を合わせて
九試 (28)
機銃の給弾シュート(弾を入れておくところ)も 見えないんだ
九試 (29)
機銃カバーを接着 コックピット側の隙間が気になったのでサフェを流し込んで
九試 (31)
九試 (33)
プラシンナーでサッとふき取っておく。
これで胴体は完成

主翼も普通に
九試 (30)
内側の出っ張りを接着しておかないと胴体に合わせた時 上翼が上がりすぎので注意。
合わせる前に気づいて良かった (^-^)g""

九試 (34)
以前のナナニイは小さかったのパスしてましたが
今回は翼端灯と尾灯はクリアーパーツのランナーを使って
九試 (35)
翼に着く部分をヤスリで平らにして瞬着で点けて大雑把に整形
九試 (40)
九試 (41)
後は翼形に合わせて仕上げ
九試 (42)

尾灯
九試 (37)
九試 (38)
こういうところは芯があった方が取れにくい
これも瞬着で
九試 (39)
長さを決めて 四角から八角~一六角と多面に削ってペーパーで仕上げ
九試 (43)
九試 (44)
九試 (45)

後は翼と胴体を合体させて 尾翼を点ければ塗装に入れる・・・か



九試の順調さに比べ 手間の掛かる
ICM1/48ヘンシェルHs 126
Hs126 (23b)
胴体は完成したので脚と翼支柱を組みます

脚柱はスパッツに点くので
Hs126 (36)
切り飛ばし
Hs126.jpg
スパッツを点ける
芋付け 芋点けで点けてはみたものの・・・転ばぬ先の杖
後から真鍮線を。。。何とかなるモンだ(笑)
Hs126 (40)
Hs126 (37)
Hs126 (38)
出っぱった真ちゅう線はヤスリで整形します。
Hs126 (42)
Hs126 (41)

パラソル型の翼
Hs126 (57)
支柱の取付部
上の四角はせり出しタイプの着陸灯が附く

支柱側
Hs126 (58)
Hs126 (59)
少なくとも作り易くは 無いわな(笑)
・・・だもんで 取付部は穴を開けておくにこしたことはない。
Hs126 (52)
0.5Φと0.9Φのドリルで穴を開け整形
Hs126 (57b)
軽く面取り
ひっくり返して位置決め
Hs126 (43)
N形とメインの支柱はプラ用セメントでやや逆ハの字形になるよう位置決め
だいたい正面図も無いんだから・・・もう! 
Hs126 (46)
Hs126 (47)
位置が決まればこっちのもの 
Hs126 (48)
Hs126 (51)
Hs126 (50)

どう見ても「九試」が先にできそう

では、ごきげんよう 

FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2014/02/25 21:08】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック