FC2ブログ
世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
厚木基地には入るのやめて生しらす~ と
         『P&W 1/72 レジンキット 新明和US-2 を作ってみる』


プロペラ作りにあきたので厚木基地の日米親善デーにゲートまで行ってはみたもののまー、ぎょうさんの人出。4キロ近くの長蛇の列 
厚木基地はセキュリティーが厳重だから・・・とはいえあまりの長さ や~めたっと
それじゃぁと腰越まで「生しらす」喰いに愚息を誘って行くことに
kosigoe (4) 愚息の愛車
なんでもガンマの最終型だって ツーストのセルがけって どーなの??

美味しくいただいた三色丼
kosigoe (6)
生、釜揚げ、沖漬けの三種類
この沖漬け 最近は新聞で紹介されたのでどこでも目にするようになりました。
日持ちするの(一週間くらい)でお土産にお薦めです。

US-2のアンテナの確認にとお気楽に出かけたのが・・・入場待ちの列見たら気持ちも萎えてご帰還と相成った次第。
atugi NB (1)南の長閑な光景

不明点が解らなかったのでUS-2の塗装は一部推測になりますのでよしなに 




propeller (1)
ブレードは ベースがエアークラフトグレー
前縁 フラットブラックとシルバー
警戒線の赤はデカールみたいに均等ではなく、幅広なので塗らねば・・・

で、24枚のプロペラ
us2 p (11)
これにサフェをかけてレジンの泣き所を修正
us2 p (12)
us2 p (13)
us2 p (15)
この段差や気泡を一枚一枚!!(トホホ (=_=))修正して
us2 p (17)
また、サフェかけてエアクラフトグレーを吹いて 前縁の黒
us2 p (20)
us2 p (21)
その先の シルバー 細っいので面相の腹を使って
us2 p (22)
us2 p (23)
シルバーを楊枝に点けたマスキングゾルで
us2 p (25)
乗せる感じで
us2 p (28)
24枚もあればいい加減慣れるので イイ感じなります。
us2 p (30)
警戒線も
us2 p (32)
us2 p (33)
もう・・・飽きてきた 
us2 p (36)
なんとか塗り終えたので
us2 p (37)

スピンナーに組み込むと
us2 p (43)
ホークアイみたいに双発だったらなんとか我慢もしようが
4発になると苦行だよね 
四日もやってたんだから 飽きる~~

やっと、やっとの最終組み立て工程・・・になるのだろうか?
us2 zz (3)








【2014/05/06 20:32】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |


しおちゃん
nob-geeさん、こんばんは。
苦行、お疲れさまです。
でも、きれいな仕上がりです。
さすがですね。
とてもまねはできませんが、その情熱の
深さに見るだけで励まされています。
いつも、ありがとうございます。


crm
PS-1のUS-2化は、妄想で終わりました。

当時の話では、ガンマのセルは、キックよりも軽量だそうです。
ただ単に、キック始動できない連中が増えただけの気がします。
昔、下請けの社長は、初期YZF400公道仕様を買って、河原でエンスト。
再始動できずにレスキューを呼んだそうなw。
「よくそれで、中部選手権でてたな」と、笑ってやりました。
で、基本的な、「上死点を出してだな・・」とレクチャア。
後日、
「再始動できました!」と電話が来た。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
nob-geeさん、こんばんは。
苦行、お疲れさまです。
でも、きれいな仕上がりです。
さすがですね。
とてもまねはできませんが、その情熱の
深さに見るだけで励まされています。
いつも、ありがとうございます。
2014/05/09(Fri) 19:57 | URL  | しおちゃん #-[ 編集]
PS-1のUS-2化は、妄想で終わりました。

当時の話では、ガンマのセルは、キックよりも軽量だそうです。
ただ単に、キック始動できない連中が増えただけの気がします。
昔、下請けの社長は、初期YZF400公道仕様を買って、河原でエンスト。
再始動できずにレスキューを呼んだそうなw。
「よくそれで、中部選手権でてたな」と、笑ってやりました。
で、基本的な、「上死点を出してだな・・」とレクチャア。
後日、
「再始動できました!」と電話が来た。
2014/06/11(Wed) 13:59 | URL  | crm #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック