世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
風邪は治ってハイテンション!? と 
       ギャラリーモデル(MRC)1/48シコルスキーH-34RESCUE


おかげさまで 風邪完治!のこってた咳も出なくなったし・・・たぶん
歳は取りたくないね。治りが遅くなったような気がする

遅れを取り戻さねば・・・というのもこのH-34RESCUEは見本市に展示するんだそう
25日からなんだよね。追い込みだ~  p(^^)q 
Rock'n'rollのビートと共にお届けします。あ、聞こえない・・・よね

ルーバーのエッチングも無事貼り終えたところでいっぷくしてたら箱絵が目に入った。
しげしげ見てたら 何よこの線? あれ?ミラー付くのか~!?
ん?コックピットの窓これじゃあ開かねーじゃん(実機のことよん) 開くように見えるよーにしとこ

とかいった作業にかかることに
まず、なによこの線
TR H-34 Res (72)
なんかのパイプらしいがケガイてあると云ったところ。もっと太いので
TR H-34 Res (73)
0.8Φの洋白線で手当しておく。真ちゅう線よりヤワなので
TR H-34 Res (75)
爪で キュッと押さえて曲げる(模型と女子には強引な方がいいこともある・・・と思う)
TR H-34 Res (77)
こういうのは現物合わせの方が作業が早い。いちいち合わしてられないもん。
で、
キャノピーを乗せたところ タッパが足りないので下側に2.5㎜のプラ板追加
TR H-34 RES (83)
TR H-34 RES (84)
ここで(^。^)y-゜゜゜ しながら箱絵を見た。で、気がついた
コックピットの窓。これじゃあ 開かねーじゃん。そもそも乗れない(笑)
レールもないし、厚さも足りない。
1.0㎜のプラ板をくり貫いてパーツをはめる
TR H-34 RES (87)
これを元にもう一枚
TR H-34 RES (88)
TR H-34 RES (90)
セット
TR H-34 RES (91)
ん?短い!! 
TR H-34 RES (92)
TR H-34 RES (93)
継ぎ足し お恥ずかしい  これでレールがつけられる。
プラ棒の細0.8Φと太1.6Φで
TR H-34 RES (96s)
上右のポッチはストッパー
TR H-34 RES (97)
模型は「らしさ」 足りないとこは、さも 元からあるように補うのも楽しみなんだよね。
そんなことを指摘されるとなにより嬉しい。もう!ハグしちゃうから なぁ~んてね
これで。。。そうそう 小物作っときましょう。

アンテナ
 エッチングは ペラペラ で嫌い
TR H-34 Res (116)
これを削る
TR H-34 Res (118)
プラパーツの方が雰囲気が出ると思うんだけど、どう?

バックミラー
洋白線(こればっか )とプラ片
TR H-34 Res (120)
マットのマス目で角度の見当をつけてるんだけど かなりいけます。
TR H-34 Res (119)
どんな具合か?しばしお待ちを・・・もうすぐできるから(笑)

テールローター
TR H-34 Res (124)
ぺったんこ
ウィットが足りないなんて・・・捻りがないんだよね   親爺ギャグでした。
ブレードを切り離して真ちゅう線を埋め込んで ピッチをつける。
TR H-34 Res (125)

ローターハブ
イイできなのだが
TR H-34 Res (127)
シャフトが短くて・・・ シャフトを延長 1.5Φのパイプがピッタンコ
TR H-34 Res (128-2)
長さは 23㎜ 
TR H-34 Res (128)

あとは 塗装とデカール? そしたら フィニッシュ!?
ガンバレ (o゜▽゜)o 俺

お騒がしゅうございました。
では、また





FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2014/09/09 21:46】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック