世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
あれもこれもそれも 完成したぜ と
ギャラリーモデル(MRC)1/48シコルスキーH-34 RESCUE


なんでも来月海自の本が出るそうで、この夏に依頼を受けて
ジタバタ、ドタバタ、四苦八苦、七転八倒、七転び八起き・・・もういいか
していたものが一つを除いて完成。
このH-34と○-▲●■と合わせて合計四個の並行生産は史上初(なんのこっちゃ?)
今はニートなので時間だけはあるね。仕事持ってるとこうはいかないよな。
そんで、
先週の木曜依頼品の撮影があって上野まで行って来ました。
撮ったのは多発機が二つ、ヘリコ一つ。
まず、ハセガワ1/72海自P-3C
P-3C (101c)
P-3C (97c)
全部彫り直してしまいました。こんなことやってるから時間がかかるんだろうね。

もう一つは A&W1/72US-2
US-2 zzz (91)
ブログに目がとまったそうで・・・ありがたいこってす
製作記事がメインで、四月のブログを見た方には何の意味もないけど、ま、いいか
ヘリコはこれ
SH-60J (55b)
SH-60J (58b)
ハセガワ1/72SH-60J
ものが古くてねぇ・・・
今仕様にするのには時間がないのでサラッと躱してます。(^^ゞポリポリ
来月、25日に海自の本が出ます。
ブログの拙い写真よりプロがとった方が、そりゃ良いに決まってますよ。

そうそう、一緒に撮った1/700はたかぜ すごかった。模型を見て鳥肌たったのは久しぶり
これだけでも一見の価値ありです。
主に艦が中心ですがお目にとまりましたら手にとって見てくださいまし。

F-106どうすんのよ・・・あ、言っちゃった


と、行ったところで

お~、これも フィニッシュ~~~ 
おいそがし だったけど できました。
TR H-34 Res (165)

TR H-34 Res (163)

TR H-34 Res (162)

デカール
TR H-34 Res (161)
薄くて 柔らかい 密着性は優秀
TR H-34 Res (159s)
こんな出っ張りは やっぱりドライヤーであぶるのが一番。めんどうだから余白もとってません。
クレオス タミヤの軟化剤ではなりません。マイクロセットがベース

電源ケーブルがなけりゃウインチも動かんだろうと、追加しました。
TR H-34 Res (157)
TR H-34 Res (156)
TR H-34 Res (155)
よかでしょうが? 箱絵参考にね。
キャビンの中が微妙に見えないのは計算どおり(笑)

TR H-34 Res (154)
ハブまで手がまわりませなんだ

TR H-34 Res (151)
おっと、ライトのマスク取ってない あとで取っておきまする。
TR H-34 Res (130)

TR H-34 Res (132)

TR H-34 Res (133)

TR H-34 Res (140)
テールローター ブレードの基部が細く華奢なのでぶつけると折れます。
シャフト 入れといてよかったー あはは ぶつけて 折れたってことさ (^_^)b

TR H-34 Res (134)
たまには 白いのもいいねぇ。
こんどはピカピカしたのもいいかも
このシリーズで出てないのは・・・HSS-1海自だね。
五年ほど前にトランペに資料渡したはずなんだけど 出るのかな?

この完成品は
9月27日(土)・28日(日)の54th全日本模型ホビーショーでインターアライドブースに展示されます。
お運びの際は どれどれ と見て行ってください。
口が滑った1/48F-106は、展示に間に合えばいいけど、
サプライズだから、できなかったら・・・口をぬぐって知らん顔しとこ

ではまた、ごきげんよろしう。

これから、中学の同窓会。中華街にウダまきに行って来ま~~す。。

ヒトマルフタフタ

FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2014/09/23 17:00】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック