世の中プラモキットは数々あれど,「猫またぎキット」とか云われ日陰者あつかいを受けている飛行機キットに日の目を当て、謂われなき中傷を払拭すべく隠れた名(迷?)キットを掘り起こし、且つ、作りたいキットもぽちぽち作って行くブログ。
モケイに関するあれやこれや と アンコール(元エレール)PZL P.11c Pt-2

昔のことはきっかけがあれば芋づる式に出てくるものです。
そんなですから話が止めどなくまとまりがなくなるのはご容赦くださいまし。

ピンバイスのことつづき。
ものを知らないとは恐ろしいこと(?)で、昔、横浜子安の模型屋さんにピンバイスを買いに行った時のこと。出てきたモノを見てあれ~、持ってると思った次第。と、いうのはその頃(昭和43、4年)は忍者ブーム(伊賀影丸とか隠密剣士の霧の遁(?)兵衛、赤影なんか)の真っ盛り。ペンキ缶の蓋で手裏剣作って遊んでました。それがエスカレートして町工場(こうば)の鉄板の端材から十字や八方手裏剣を作ってたのですが、端材置き場にあったピンバイスを訳も分からず二本失敬したのをコロッと忘れてたのあります。模型屋さんでは0.5Φのドリル刃を買ってきましたっけね。失敬したピンバイスはどうもぶれるのでおかしいな?と思って大人に見てもらったら、コレット(刃を挟む中側の金具:もちろんそんな言葉も知りません)がずれてるじゃない。捨てられてたのには意味があったのでありました。ドリル刃は今みたいにバラで売ってなくて10㎜くらいの丸い透明ケースに入っていてそれを小分けして売っていました。その頃だったと思いますが、いいおじさんが箱絵どおりにならないってエアフィックスのB-29を持ってきて金返せって揉めてことがありました。模型屋のおじさんは苦い顏して事細かに説明してましたが結局お金返してた。古株の常連さんは「手に余ったんじゃねーの?俺貰ってく」と男気見せてました。男だねぇ~ ( ^o^)ノ。 そうそう、3年前の話ですがタミヤの一式陸攻を同じ理由で返品に来てたおじさんもいましたっけ。それも特価品。色まで塗っちゃって金返せはあんまりだよね。周りが見かねておじさんに説明したのはもちろん、多勢に無勢、事無きを得ましたが、どうやら誰にでもできると思ってたらしい。模型なめんなよだよね。模型屋さんかわいそう  今でも居そうだからこわい(笑)

アンコール(元エレール)PZL P.11c Pt-2
今回は主翼を支える支柱を仮組みもせんと塗装してしまいました。そしたら
EN PZL (37)
ヨレってます。あー、もういいや。作り直し。。。(x_x)
コントレールのウィングストラットをつかって
EN PZL (39)
基部を残してすげ替え。接合部は瞬間をもってなだらかに整形。
EN PZL (42)
ちょっと巾が足りないけど見た目は分からない。
基部は一つなくしてしまったので1㎜厚のプラ板を整形して自作。
少し長めに作っておいて調整します。
EN PZL (41)

デカールを貼ってみる
EN PZL (31)
EN PZL (32)
EN PZL (34)
EN PZL (35)
貼ってから余白を取るなんて・・・無理!
あとは照準器をもってきてアンテナを張ります。

と、いうわけで        お 披 露 目

ENC PZL (1)

ENC PZL (3)

ENC PZL (4)

ENC PZL (5)

ENC PZL (6)

ENC PZL (16)

ENC PZL (9)

ENC PZL (11)

ENC PZL (17)
凸モールドに軽くペーパーをかけてあります。

ENC PZL (19)

ENC PZL (13)

ENC PZL (18)
タカラ/レベルより胴体は太く、翼面積も大きい。

ENC PZL (20)
ENC PZL (22)
イメージは雲雀かな?

ENC PZL (1)

タカラ/レベルと並べてみると
IMG_0052.jpg

IMG_0054.jpg
レベルが小さいのか、エレールが大きいのか??
IMG_0053.jpg

個人的にはレベルがいいな。
ここまでやったらスペシャルホビーも・・・?

では、ごきげんよう




FC2blog テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【2014/11/18 18:20】 | 飛行機モデル製作記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック